ACR DRIFT

ACR DRIFT – CROOZ, Inc.をやってみた。

うっほ、全く期待してなかったけど、こいつはなかなかオモロイぞ。
レースゲームっちゃレースゲームなんだけど、独特の操作方法がいい感じでゲームをよりカジュアルに、そして楽しくしている気がします。

アクセルは、スタート時にベストな回転数に合わせるときだけ使用。クルマが動きだしてしまえば、後は左右へのスワイプでレーンの移動、コーナー手前にあるドリフトポイントで、指定の方向へタイミングよくスワイプさせればドリフト発生。

直線では、画面を下から上へとスワイプさせればニトロ(加速する)発動と、直感操作でレースゲームを楽しめる。

もちろんゲーム内で得たお金でクルマを買い替えたり、チューニングすることも可能なので、やり込み派にもオススメです。

これは、ちょっとハマりそうだな……。

重い剣 (HEAVY sword)

重い剣 (HEAVY sword) – ashley jacksonで遊んでみた。

アイコンから勝手にRPGなんだろうと思っていたら、制限時間内にゴール地点を目指す、アクションゲームだったよっと。
まぁ、あえて他のゲームに例えるなら、スーマリらいくな横スクロールアクションって感じッス。
※フィールドは、アレックスキッドの世界観のが似てるような気がするけどね。

序盤の数ステージをプレイした感じだと、操作感などゲーム全体は大味な印象。つまらなくはないんだけど、特別面白いるわけでもない。

まぁ、各ステージにかかる所要時間もライトだし、暇な時間にサクッと遊ぶにはいい感じ。

というわけで、興味がある人はプレイしてみてよ。

ドラゴンクエストモンスターズWANTED!

へぇー、こんなドラクエシリーズあったのかー、知らなかったわ。
というわけで、ドラゴンクエストモンスターズWANTED! – SQUARE ENIX INCで遊んでみた。

ガラケーからの移植っぽいけど、我が輩はガラケーで全くゲームしないからねー。
まだ、ほんの触りしかプレイしてないけど、なかなか楽しめそうですよ、ドラクエシリーズ好きならね。

気になるのは、課金必須かどうかぐらい。
まぁ、基本無料だし、まずは遊んでみて、課金したけりゃすればいいし、嫌ならサクッと削除して次のゲームへ乗り換えればいいかと。

進撃の討伐3D

進撃の討伐3D – KYOHEI YAMADAをやってみた。

操作は慣れ、これが全て。
それだけに、そこそこやりこまないと思い通りの操作ができないだろうから全く楽しめないと思う。

逆に言えば、操作に慣れてしまえば、進撃の巨人の世界観を堪能するこどかできる。なかでも立体起動を使った世界観は、なかなかよくできてると思う。

とにかく無料で遊べるから、まずは実際にプレイしてみることをオススメします。

Note Anytime

今回はゲームではなくって仕事で使ってるアプリのご紹介。
まぁ、ある意味番外編つーか。
ゲーム情報をまってた皆さん、すみません。

と、前置きはこのぐらいにして話を本題へ。
iPad Airの有効活用を模索し続け、ノートアプリを模索した結果、最終的にたどり着いたのがこのNote Anytime – 手書きで自由自在なノート作成、PDF注釈書き込み – MetaMoJi Corporation

スタイラスペンとの相性も抜群で使い勝手もなかなかです。
※iPADにデジタイザが搭載されていないというハードとしては致命的な制約があるなか、かなり頑張っている。

でだ、一つ気になってたのが手書きの文字をテキスト(フォント)へと変換する機能のアドオン。どのぐらい自分の下手くそな日本語がテキストへと自動変換(認識)されるのか、超気になったので人柱になってみた。

でだ、その感想は、とにかくスゲーーーーーーー! の一言。
想像以上の認識率で、正直、ここまで凄いとは思いませんでしたよ。
使い勝手も良好!
このアプリを使ってるなら、迷わずアドオン購入するべき!!!!!

というわけで、本日から買ったばかりのノートや手帳を破棄し、タブレット一本化にチャレンジしてみたいと思います(キリッ)

Heroes of Dragon Age

Heroes of Dragon Age – Electronic Artsで遊んでみた。

ジャンルはRPG。基本無料ゲームなので、どんなゲームなのか気になる人は実際に遊んでみたほうがいい。
日本語で遊べるし、チュートリアルもしっかりしているから、スマートにゲームの世界観へと足を踏み入れることができる。
まぁ、この辺はさすがElectronic Artsさんって感じッス。

ビジネスはアプリ内課金なので、無課金でどこまで遊べるかが気になるところですが、楽しめれば課金すればいいし、そうでないなら課金しなきゃいいだけなので、あとはユーザー次第かと。

我が輩は、時間をみつけてちょこちょことプレイしていこうかなぁと。
そういった意味では好感触??

Archibald’s Adventures

Archibald’s Adventures – Rake in Grassで遊んでみた。

スケートボードを使ったアクションゲームかと思っていたら、出口を目指すアクションパズルゲームでした(苦笑)
英語表記だけど直感操作で遊べるのでご安心を!

序盤のステージはかなり優しいから、イライラせずにすむしね(笑)
なかなか楽しいよ!

Fresh Tracks Snowboarding

Fresh Tracks Snowboarding – First Touchで遊んでみた。

クールボーダーズを彷彿させるスノーボードゲームってのだ第一印象。
まぁ、よくできてるけど可もなく不可もなくって感じかな。操作性も悪くはないよ。
スノーボードn興味がある人いがいには全くオススメできませんけど(苦笑)

PS
冬季五輪でスノーボードに興味を持った人もおおいでしょう。
とりあえずゲームでスノーボードの気分だけでも味わってみてはいかがでしょう!?

群馬県から来た少女

群馬県から来た少女 – PHP Institute,Incで遊んでみた。

MSXを彷彿させるグラフィックが印象的な本作。
ジャンルはシューティングゲームなんだけど、あのと当時、MSXで遊んできた世代なら、「こんなテイストのゲームが沢山あったな……」と懐かしさが蘇るはず。

ゲームもなかなかよくできているので、シューティングゲームとしてもオススメです。
難易度は、そこそこ。決してゆとり仕様ではございません!(キリッ)
※理不尽な難易度ではありませんので、誤解しないように。

さぁ、シューティングゲームファンの諸君、いますぐダウンロードだ!

Flick Champions Winter Sports

Flick Champions Winter Sports – Chillingo Ltdで遊んでみた。

ソチ五輪ってことで、ウィンタースポーツゲームのご紹介。
スラロームから、スケート、アイスホッケイにスノーボードと様々なウィンタースポーツゲームをプレイ可能!

操作を含め、とってもカジュアルに遊べるので、気になった人はダウンロードして遊んでみてはいかがでしょう!?