ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト – SQUARE ENIX INCで遊んでみた。

タッチ&フリックだけの簡単操作で楽しめるカジュアルRPGの登場です。

ドラクエで育ってきた世代としては、このBGMや効果音を耳にしただけで、心地よいというか(笑)
そんな、特殊効果もあってゲームそのものは楽しいよ。
でもね……ドラクエもこの路線(ソーシャルより)にいっちゃうのか……という悲しみのが大きいってのが正直な感想ッス。

我が輩は、おっさんだからね。この手のゲームをクリアーしようとか、攻略しようとは思わないんですわ。暇を持て余してるわけでもないので……。
日本のゲーム業界は、もうダメかもしれん。

せめて3DSぐらい=ゲーム機のみでドラクエと名のつくものはリリースする徹底ぶりをみせてほしかったよ。

Skill Game

制限時間内にできるだけの多くの数字を線でつなぐゲーム。

一見簡単そうなんだけど、ステージが進むとこれがけっこう難しくなるんだよね。
※ページからはみ出したり、他のラインに触れてはいけないといったルールがあるからね。

実際にプレイしてみるといがいと奥が深いゲームですよ!

PS
指で数字をつなぐんで、iPhoneよりも画面が大きいiPadとかのが遊びやすいかもね。

-[PR]-----------------------

Chicken Raid

Chicken Raid – FDG Entertainmentで遊んでみた。

板を切ったり爆弾を爆発させたりして、フィールドの鳥(タマゴも)を全滅させればOK。
まぁ、iOSではよくある物理パズルゲームなんだけど、正直、もうこの手のゲームはあきたな……。
この手のゲーム、何本ここで紹介してきたことか(苦笑)

アングリーバードとかが好きな人なら楽しめると思いますよ。

-[PR]-----------------------

Ocarbot

Ocarbot – Matthew Applegateをやってみた。

フィールドのギミックを解き明かし、キャラクターをゴールまで導くパズルゲーム。
『フラッピー』や『ザッキャッスル』なんかをプレイしてきたオールド世代にとっては、どこか懐かしさを感じます。

グラフィックは正直、しょぼいけど実際に遊んでみるとけっこうハマりますよ。

パズルゲームってことで、万人受けするジャンルじゃないけどね。

-[PR]-----------------------
ポイントゴー

Bike Baron

Bike Baron – Mountain Sheepで遊んでみた。

バイクを操作してゴールを目指すアクションゲームなんだけど、この手タイプのゲームって正直苦手なほうなんんだよね。でもさ、これは思ってたようなゲームじゃないね(シビアなバランス操作を要求されない)。

バイクのバランスをとるのも、けっこうアバウトですんじゃうというか、ぶっちゃけ序盤はアクセル全開! てきな感じでクリアできちゃうし。エキサイトバイクばりの遊びやすさが魅力ッス。

自分でもコースが作れるみたいだし、ひょっとしてエキサイトバイクをインスパイアしてるのかも⁈

他のライバルを蹴散らすレースてきな要素はないけれど、エキサイトバイクファンだった人なら楽しめると思うよ~。

-[PR]-----------------------
仮現行

Pirate Legends TD

Pirate Legends TD – Super Hippo Studios Limitedで遊んでみた。

うぉーーー!
これいいーーー!!!!
面白いよ!!!!!!!!!
アイコンからうける印象と違いすぎててビックリですよ。

ジャンルはタワーディフェンス。海賊船の船長? として襲撃してくる海賊たちから船を守る。

遊びかたは、就来のTD系とそんなに変わらないだけど、必殺技に竜巻(チルトで竜巻を操作)や巨大なオクトパスを出現させて敵を一網打尽できたりと、海賊気分も全開!

マイシップの向きを変えて攻撃方向を変更できたり、細かいところまでこだわった作りになってます。
絵のタッチもいい感じだし、これTD好きなら是非遊んでもらいたいわー。

英語だけど、触ってれば遊びかたなんてすぐに把握できるはず。
やべぇ、いい意味で裏切られたわ。
他のゲームをプレイしなきゃいけないのに、2時間ぐらい遊んじまった(笑)

TD系で遊んだことがない人も、このゲームをきっかけにTD系のファンになる⁈ そんな魅力を秘めた一本だと思いますよ。

-[PR]-----------------------

Nun Attack – シスターアタック

Nun Attack – シスターアタック – Frimaをやってみた。

単純なシューティング、もしくはTOSライクなゲームかと思いきや、全く違っててワラッタ。

ゲーム構成は敵の攻撃をかいくぐりなが、敵のアジトまて移動するフィールドと、出現する敵を片っ端にぶっ殺すフィールドの2つ。

移動画面では、キャラクターから移動させたい場所までスワイプさせて移動するんだけど、これがわかりにくい。気がつくまでに40秒ぐらいかかりましたよ(苦笑)

次に目的地と到着してからの敵との戦闘になるんだけど、ここでも攻撃の仕方を把握するのに7秒ぐらいかかった。マイキャラから敵までスワイプするんだけど、これ気がつくのか⁈

スワイプすると画面に緑の線が表示されるので、この線を結びつけるイメージ。

ゲーム内で得たお金で武器のパワーアップなんかもできるし、ステージの序盤で仲間が次々とアンロックされすぐに4人のキャラクターの中から好みのタイプ2人で戦いに挑むことができるんどけど、うーん。爽快感もイマイチだし、ぶっちゃけあんまり面白くない(笑)

つーわけで、一回やっただけでお腹いっぱい。
286Mの容量が無駄なんで、サクッと削除っと(爆)

-[PR]-----------------------

TheMagicEgg

TheMagicEgg – Schmeuk Studiosをやってみた。

ジャンルはジグソーパズル。
卵から始まり、様々な動物絵柄のパズルを完成させていく。
これは小さいお子さんと一緒に楽しむといいかもね。

ピースを回転させる操作などを考えるとiPhoneよりもiPadとかのほうがスマートに楽しめるかもしれません。

-[PR]-----------------------

レイマン ジャングル ラン

レイマン ジャングル ラン – Ubisoftをやってみた。

ジャンプボタンを巧みに操りフィールド内のコイン? を取得しながらゴールを目指すアクションゲーム。

ぶっちゃけ、どーせクソゲーなんどろうな……って思いながらゲームを始めてみたものの、ふと気づいたらワールド1(全9ステージ)からワールド2まで無我夢中になってプレイしてしまった自分がいたことに驚いた。

これ面白いわ……ワールド2に入ってすぐにボタンを長押し=すぐに落下せず、空中に若干とどまることができる(上昇気流に乗って上へと移動も可能)新アクションが加わるなど、さらなる面白さが目の前に広がるなど、決して派手なタイプのゲームじゃないんどけど、これは良作な予感。

ちょっとした空き時間に遊ぶのもオススメですよ。

-[PR]-----------------------

Cling Thing

Cling Thing – Chillingo Ltdで遊んでみた。

ステージ内の星をできる限りゲットして、ゴールの土管を目指すアクションパズルゲーム。
遊び方は簡単で、画面をタッチするとキャラクターが手を延ばすので、スイングする反動を利用して移動して行こう。

手を延ばせる距離(手の長さ)が決まっているのはもちろん、壁の青いところにしか手を置けないので、何処にどう手を伸ばして移動していくのか、ちょっとだけ頭を使います。

グラフィックも綺麗だし、操作性もまずまず。さすがChillingoと思っていたのも束の間、ステージ4終了後、見慣れない広告表示(全画面表示タイプ)が……。

まぁ、基本ゲームが無料だから広告表示はやむおえないのですが、このタイプの広告は、どうやってゲーム画面に戻るんだ?? と一瞬戸惑う人が多いんじゃないかと(苦笑)

-[PR]-----------------------