Repulse-O: A Match 3 Puzzle With a Block Falling and Magnetic Twist!

Repulse-O: A Match 3 Puzzle With a Block Falling and Magnetic Twist!で遊んでみた。

ジャンルは3マッチパズル。プレイヤーができるのは中央のオブジェ(某磁石?)のようなものを回転させるだけ。カラーの異なるボールが飛んでくるので、この中央のオブジェを上手に回転させて同じカラーのボール同士をくっつけては消していく。
3マッチパズルとしては、新感覚? な印象は受けたけど、個人的にはイマイチって感じの評価(苦笑)
まぁ、気になる人、全ての3マッチパズルはプレイしなきゃ気が済まない! という3マッチパズルマニアいがいはスルーでいいんじゃないかなぁ。
3マッチパズルは他にも沢山リリースされているからね…。正直、お腹いっぱいですよ。

War In Galaxy

War In Galaxyで遊んでみた。

ジャンルは縦スクロールタイプのシューティングゲームなんだけど、なんじゃこの操作感。端末を左右に傾けることで実機を左右に移動させるんだけど、細かい操作ができねーーーーーー。

ぶっちゃげ、クソゲー。ダウンロードするのも無駄、無駄、無駄って感じの一本。

というわけで、クソゲーコレクターの方以外はスルーで(苦笑)

newtonica2 resort

昨日に続いて本日も飯野賢治氏の手掛けたゲーム(newtonica2 resort)で遊んでみた。

昨日、紹介したnewtonica2と基本的な遊び方は同じなので、newtonica2が楽しめた人はこちらもプレイしてみたください!

newtonica2

「Dの食卓」を手掛けた世界的なゲームクリエイター飯野賢治氏が亡くなられた……。メディアなどでもよく問題視された風貌や言動も含めてファンだったので他界されたときのニュースを聞いて、正直、ちょっとショックでした。

そんな飯野氏が、元スクウェアのゲーム開発者である西健一氏とタッグを組んで手掛けたのがこのnewtonica2です。

ジャンルはパズルゲーム。ゲームをスタートすると、宇宙空間のようなフィールドにアヒル(玩具)と顔の付いたボールが浮かんでいるんだけど、モノトーンのチェック模様の球体をタップするとフィールドに「波紋」が広がり、それによってアヒルやボールが押されて動くので、この波紋を利用してアヒルを水色の渦のような場所に移動させればOK(ステージクリア)。

難易度は結構高めな印象なので、好きor嫌いがはっきりわかれるかもしれません。まぁ、それも飯野氏らしいなぁと。

追悼の意を込めて? 今現在(2013年2月24日)無料でダウンロードできるようです。無料のソーシャルゲーで遊ぶのも自由ですがこの機会に世界的ゲームクリエイターの手掛けたソフトを体感してみてはどうでしょう。

Connect-All

Connect-Allで遊んでみた。

表示される数字を順番(①から)につなげていくパズルゲーム。全く期待してなかったんだけど、これが予想以上に面白くってビックリ。比較的簡単に次のステージへ進めちゃうもんだから、やめ時が見つからないッス。
難しルールや操作性も要求されないし、空いた時間にサクッと楽しむのに最適ですよ。

NFL Kicker 13

NFL Kicker 13をやってみた。

ゲームのタイトル通り、アメリカンフットボールのゴールキックにフォーカスをあてたゲームッス。
遊び方も簡単! 持ち球は3つ。いかにミスをせずに高得点を叩き出せるかを競い合う。

操作方法もスマートで、画面をスワイプしてゴールキックするだけ。
もちろん風向きや強さなどを考慮必要はあるけれど、誰でも手軽に遊べるのが魅力ッス。

ゴール上の黄色い部分が高得点のようなんだけど、あまり狙いすぎるとミスにつながるので要注意!
グラフィックも綺麗だし、サクッと遊べて手軽ではあるけれど、全体的にシンプルなゲームなので正直、飽きるのも早いかもしれません。

Robo Rush

Robo Rush – Triniti Interactive Limitedで遊んでみた。

こっ、これは! 2D横スクロールアクションの名作『スーパーマリオ』そのままじゃないですかぁ。
ジャンプ時に独特な浮遊感があるせいか、スーマリほど軽快な操作感ではないけれど、そこそこ楽しめている我が輩がいます。

スーマリらいくな横スクロースアクション好きの皆さん、お試しあれ。

Snowberg Chase

Snowberg Chase – zhihong liをやってみた。

これな……。
以前、ここでも紹介したTemple Run 2に似すぎ! ていうか、劣化Temple Run 2って感じッス……(汗)

アイコンまでクリソツ! なのは100歩譲るとして、肝心のゲームのほうがな……。な~んかスクロールが引っかかるというか、カクつくというか(滑らかじゃない)。あまりのクソゲーぶりに、2回ほどプレイして端末から削除! クソゲーマニアなら迷わずダウンロードすることをオススメします(爆)

Book Boom

Book Boom – Luckoo Gamesをやってみた。

画面をタップして本の位置を順番通りに並べ替えるカジュアルゲーム。
暇つぶしには最高。
小さなお子様でも簡単に遊べます。

iPhoneだと画面が小さいので本をタッチにしくいなぁとは思ったけど、iPadならきっと問題ないと思われる。
まぁ、基本無料で遊べるみたいだし、そこも含めて許容範囲だとは思います。

百聞は一見に如かず。
興味があったらダウンロードして遊んでみるといいと思います。

Alien Zone

Alien Zone – qinglong zengで遊んでみた。

SFを舞台にしたアクションRPGらしいんだけど、プレイした感じだとRPGというよりもハック&スラッシュって表現のがしっくりくるんじゃね!? そんな印象をうけたかな。

遊び方も簡単で、基本的にプレイヤーは襲い掛かるエイリアンを片っ端から銃で撃ち殺していけばOK。銃の照準も自動だから、比較的安易にゲームの世界観に入ることができるはず。敵が出現したらとりあえず銃を乱射しとけばなんとかなるしね(苦笑)

とりあえず、ライト版(Alien Zone Lite)も用意されているようなので、まずはこちらで試してみてから購入を検討してみてはいかがでしょ。