Bad Habit: Rehab

Bad Habit: Rehabをやってみた。

あえてジャンル分けするなら指向型アクションパズルゲームなのか!?
フィールドに潜伏するターゲットを、酒のボトルにおびき出し(フィールドに配置)、ターゲットを穴に落としたり、射撃ポイントで撃ち殺せばステージクリアー。

これね、面白いわ。

App Store内のレビューが1件(2013年1月25日現在)しかないけど、これはもっと評価されてもいいと思うなぁ。
ニッチすぎて、誰もダウンロードしないんだろうけどさ。

ニッチなパズルゲームを求めているそこのアナタ! 是非ともトライしてみてください。

Rail Rush

運よく無料でゲットできたので、Rail Rushで遊んでみた。

先日紹介したTemple Run 2PITFALL!™ちっくなアクションゲームです。

トロッコに乗って冒険する世界観、まさにインディージョーンズって感じで雰囲気はなかなか。
基本的な操作って、この手のゲームはほとんど同じだけに、先述したタイトルで遊んでた人ならスマートに入り込めると思います。

サクッと遊べるし、暇つぶしにはいいと思いますよ。

殿といっしょ App

殿といっしょ Appをやってみた。

メニューにある「殿と高速お触り」ってのがゲームなんだけど、
ぶっちゃけノーマルモードを1回プレイして速攻飽きたwww

ゲーム内容は至ってシンプル!
画面上部に表示されたキャラクターと同じパネルを、見つけ出しタッチ! 一度触ったパネルは「お触り済み」として半透明表示になるので、制限時間内に25枚すべてのパネルにお触りして半透明にすればゲームクリアー。
誤って表示と異なるパネルに触れると制限時間が減るペナルティーがあるので要注意。

タイトルに高速とあるだけに、我が輩も高速、いや光速で飽きたッス(苦笑)

まぁ、基本無料みたいなので、どんなゲームか気になった人だけ遊んでみてはいかがでしょうか?

Pony Trails

Pony Trailsで遊んでみた。

馬の絵が表示されたアイコンから「どーせ、競馬の育成ゲームorレースゲームだろ?」って気持ちでスタートしたら、これが全然違くってちょっと引いた(苦笑)

ゲームジャンルは癒し系。
プレイヤーは森の中や海辺などを馬に乗って歩き、時折出現する野生動物たちをファインダーに収める冒険アクションゲーム!?(アクションってこともないか?)なんだけど、まぁ、要約すると野生動物たちの良い写真を撮るだけのゲームです。

操作方法はシンプルで、馬を歩かせる&止まるボタン、そして左右の分岐点などでは端末を曲がりたい方向に傾ければOK。
カメラ操作は画面をタッチすると画面上にファインダーが出現するので、画面をタッチしつづけたまま上下左右へ動かせばカメラを意図する方向へ動かすことができる。

うーん、カメラ操作は慣れないと上手に撮影できないかも!?
ただですら動き回る動物たち、ファインダーの中に上手におさめるのはなかなか難しい。
まぁ、写真を上手に撮るポイントとしては、被写体をみつけたら素早く馬を止め写真撮影に専念したほうがいいも。

いい写真を撮ることができると★3つ。
この★を集めることで新しいステージのロックを解除することができるので、いい写真が撮れるよう頑張ろう。
撮影した写真はアルバムで見ることもできるので、友人たちと写真を見せ合うっていう遊びもできる?

馬の体をケア(洗ったり、ひづめの手入れ)することでコインをゲットできるなど、発想もユニーク。BGMもなーんか癒される感じだし、仕事に追われる毎日、ゲームで遊ぶ余力もないほど、疲れきっている世のサラリーマンの皆さん、たまにはこんなのんびりしたゲームで遊んでみてはいかがでしょうか? 癒されますよ。

Epic Battle: Ants War

App Storeに掲載されているスクリーンショットをチェック! するとキャラクターの絵のタッチが我が輩好み!! というわけでEpic Battle: Ants Warで遊んでみた。

基本無料で遊べるようなので、詳しいゲーム内容については割愛しますが、ようは敵の基地を破壊すれば勝利のストラテジーッス。
1-4まで遊んでみましたが、コレありだね。
必殺技? の水を使っての一網打尽の爽快感ぱねぇッス(笑)

興味を持った人はダウンロードして遊んでみてよ。

PS
この手のゲームの入門編としてもいいかも!?
我が家の幼稚園児も、これで遊んでますよ!

Sneezeman:Escape From Planet Sneeze

運よく無料でゲットできたので、Sneezeman:Escape From Planet Sneezeをやってみた。

一言でいえば劣化MIRROR’S EDGEって感じの横スクロールアクションゲーム!?

1つのステージもそれほど長くもないので、ちょっとした空き時間にサクッと遊べるのが魅力。
操作性も悪くない。
※敵は真上から踏み潰すことが可能。

個人的にツボに入ったみたいで、それなりに楽しめている我が輩がいます。
というわけで、時間の許す限りしばらく遊んでみたい思います。

PS
フリー版も用意されているということは、これは無料ゲーじゃないよね? それなのにステージをクリアーするたびにアプリの宣伝が入るのはなんで? ぶっちゃげウザイんだけど。

ぷにぷにパニック

ぷにぷにパニックで遊んでみた。

タワーをぐりぐり回してブロックを消しまくる、新感覚の3次元パズルゲーム!
これね、いい! アイディアは最高ッス!!
ゲームデザインは非常にシンプル。タワーをよじのぼってくるブロッブにフルーツを投げつけて消して行くだけ。でもね、ブロックはタワーの全周(360度)から這い上がってくるため、プレイヤーは常にタワーをグリグリと回転させ全周を気にしながらブロップを消すことを要求される。つまりゲーム画面には表示されない死角が常に生まれている状況なので、この死角が美しいグラフィックやBGMでは演出できない緊張感を見事に作り出しているというわけ。

真面目な話、ゲームデザインだけなら、それなりのゲーム賞を受賞してもいいぐらいのクオリティーは秘めていると思います。

ただね、操作性がイマイチ……。我が輩の端末のスペック不足のせいか、フレームレートが落ち込んでスマートにタワーを回せなくなることが多々ある。iPhone5なら、サクサクなのかな!?

先述したように操作部分などに若干の不満はありますが、久々にクリエイターのセンスに脱帽! パズルゲームが好きor嫌いを問わず、ゲームファンなら一度プレイしてみてもらいたい一本です。

ダイヤモンド

ダイヤモンド – bad monkeeをやってみた。

ダイアモンドをコロコロ転がして袋に入れていく知的パズルゲーム。
プレイヤーはフィールドに用意されたパーツを上手に配置して蛇口から袋まで、ダイヤモンドが転がるルートを作ってあげればOK。
各ステージには様々なギミックが用意されているんだけど、いや~久々に頭を使ったッス。

これで85円は安い!
最高の暇つぶしゲーム! そんな印象の一本。
もちろんパズルゲームが好き! ってことが大前提ですけどね(苦笑)

PS
全てのダイヤモンドが綺麗に袋に収まったときのスッキリ感、パネェッス!!

Monster Rush

Monster Rushで遊んでみた。

クレー射撃ちっくなアクションゲーム。
3か所からモンスターが次々と飛び出してくるので、プレイヤーは指先を剣に見立て片っ端から切り刻んでいく。
ゲームモードはクラシック(敵を3匹切りそこなったり、誤って爆弾を切り付けると一発でゲームオーバー)とアーケード(60秒間での得点を競う。敵を1匹倒すごとに+1秒されるが、逆に爆弾を誤って切り付けると-10秒)の2種類。

個人的にはアーケードのほうが好みかも。
非常にシンプルな内容のアクションゲームなので、老若男女楽しめるとは思いますが、それだけに飽きるのも早いと思います。

まぁ、無料でゲットできるようなら落としておいて損はない、そんな印象の一本です。

Temple Run 2

Temple Run 2をやってみた。

追いかけてくる敵を振り切り、障害物を避けながらひたすら逃げまくるアクションゲーム。
基本プレイ無料なので、詳しいゲーム内容については割愛しますが、まぁ、他のゲームに例えるなら、PITFALL!™そのものです。

グラフィックも綺麗だし、ゲーム自体もそれなりに面白いんだけど操作性に難あり! とにかくレスポンスが悪いのが残念だなぁと。
まぁ、無料で遊んでるので文句を言うつもりもないけど、最低限ゲームとして快適に遊べるようにはしてもらいたいなぁと。操作性がよくなるだけで、そこそこ人気がでると思うだけに残念だなぁと。

とはいえ、基本無料で遊べるゲームに過度な期待をするほうがナンセンス。というわけで、端末からはサクッと削除させていただきます(爆)