Meon

Meonをやってみた。

2013年最後のファーストインプレッション。
トリを飾るのはパズルゲームです。
フィールドに様々な仕掛けを配置して、ぷよぷよを彷彿させるキャラクターに同じ色のライトを当てればOK。
全く期待してなかったんだけど、この光のパズルゲームなかなかよくできてるわ。
時間を忘れて遊んでしまう我が輩がいます……。

パズルゲーム好きなら間違いなくきっとハマると思いますよ。

Tilt to Live

Tilt to Liveをやってみた。

ぶっちゃけ、ファーストプレイでは遊び方がよくわからず、「なんじゃこりゃ!? クソゲーか?」と思ったのは内緒ですwww
何度かプレイして遊び方を把握すると、「ほぉ、これはよく考えたなぁ」と感心してしまう完成度。
数々のゲーム賞を受賞しているのもうなずけます。

基本無料ゲーなので、どんなゲームなのかは実際に遊んでもらえばわかるかと思いますが、プレイヤーはゲーム名にもあるように、チルト(本体を傾ける)操作で「矢印」を操り、赤い点からひたすら逃げ回るアクションゲーム。とはいえ、単に敵から逃げ回るだけのゲームではなく、画面に次々と出現する武器を使って反撃することも可能。サッカーのような素早い攻守の入れ替わりが魅力の一つッス。

とはいえ、端末を傾けて操作するため、楽しく遊べるようになるためには多少の慣れが必要なので、好きor嫌いが二分するゲームなのは間違いないかもしれません。

まぁ、興味がある人は、とりあえずダウンロードして遊んでみたちょ。
クリエイターのセンス=ゲームデザインはなかなかだと思いますよ。

Ski Safari

Ski Safariで遊んでみた。

雪崩からただひたすら逃げる! アクションゲームなんだけど、やべぇ、これは面白いわ……。
プレイヤーはスキーヤーを操り(とはいっても勝手に斜面を滑っていく)、次々と現れる岩などの障害物をジャンプ(画面をタップ)してかわしていく。雪崩に巻き込まれることなく、どこまで滑降できるか!? を競い合う。

ジャンプ中、画面を押しっぱなしにすることでスキーヤーの角度が変化し、そのまま押し続けることで後方へと回転。着地の角度を合わせて上手に一回転して着地するとブースアップ! 滑走速度がアップして、しばらくの間無敵状態になることができる。もちろん中途半端な角度で着地すると転倒ッス(苦笑)

価格も85円のロープライス! キャラクターデザインもイイ感じ、何よりも暇なときにサラッと遊べるシンプルさが魅力です。
ちょっとした空き時間にプレイする=暇つぶしには最高ッス!!

アパレル洋品店

アパレル洋品店を買ってみた、そしてやってみた。

アプリマガジンの読者なら、もうおなじみのカイロソフト。
このアパレル洋品店はその名の通り、洋服店を経営するシミュレーションゲームです。

基本放置タイプのカテゴリーなので、同社のゲーム発展国++ワイワイ! ゲーム販売店とも一緒なんだけど、ゲームをプレイした感覚は開店デパート日記が一番近いッス。

先述したように放置タイプのシミュレーションゲームなので施設の配置や組み合わせを難しく考える必要もありません。
誰でも手軽にシミュレーションゲームの面白さを体験できる、そんなイージーな仕様になっていると思われます。
実際、家の6歳のガキでもそれなりに遊べてしまってるのが何よりの証拠かと(まだ途中ですが、ビルも6Fまで拡張してあった)。

逆にいえば、それだけやることもなく、変化に乏しいゲームであるともいえるので、本格的なシミュレーションゲームを望むなら素直にパスすべき。
まぁ、カイロゲームに本格的なシミュレーション要素を求めてる人はいないとは思うけどね。

資金繰りなどカイロゲームの中でも難易度は低いほうなので、シミュレーションゲームで遊んだことがない人や、これまでカイロゲームに興味はあったけど、遊んだことがなかったって人へ入門用としてはオススメなんじゃないかとは思います。

ちなみに我が輩のファーストプレイの結果はこちら!
クリアポイント合計 77,541P

これがイイ結果なのか悪い結果なのかわからんけどね(苦笑)

League of Heroes™

League of Heroes™で遊んでみた。

ジャンルはアクションRPG。
App Storeの説明が日本語だったけど、ゲーム内は英語って(苦笑)
まぁ、簡単な英語だから問題ないし、クエストにでれば、どっちに敵がいるのかをナビゲートしてくれるんで、プレイに支障をきたすことはないけどね。

まぁ、基本無料ゲーなので、気になった人はプレイしてみたらどうでしょう?
アプリ内課金があるので、最後まで課金せずにクリアできるかは未知数ですが……。

まだ、ほんのさわりの部分しかプレイしてないけれど、ゲームはそこそこ楽しいッス。
それだけに日本語にローカライズされてれば……英語版だったのはちょっと残念だなぁというのが正直なところです。

PS
英語アレルギーの人にはオススメしませんけどね。

Electric Tentacle

Electric Tentacleで遊んでみた。

アプリを起動した瞬間に、Chillingoのロゴを見て一安心。
このメーカーさんのゲームって、かなりの確率で面白い。

無料でリリースされているみたいなので、ゲーム内容に関しては省略!
実際にプレイしてもらえばわかるけど、操作に慣れるまではかなり難易度が高いッス!!
でもね、ゲームはなかなか面白い、このあたりさすがChillingoさんって印象だなぁ。
BGMもイイ感じ。繰り返しプレイしたくなるゲームデザインに脱帽です!!

Harry’s House

Harry’s Houseで遊んでみた。

全く期待してなかったんだけど、コレおもしれーーーー。
特に、パチンコを放つアクションにワロタwww

平たく言えば『スペースインベーダ』。
フィールドが学校で、敵がゾンビやモンスターになってるだけの俗にいうシューティングゲーム。
まぁアイテムなんかも使うので、正確に表現するなら防衛アクションシューティングゲームって感じかな。
※感覚としてはインベーダゲームちっくなシューティングゲームを楽しんでる感覚に近い。

射撃はマニュアル&オートをプレイ中に任意に変更できるけど、位置移動だけに集中できるオートのほうが明らかに楽。ただし、連射速度だけを比較したらマニュアル操作のほうが連射は確実に早い! んだけど誤作動させちゃうこともしばしば。うーん、どっちにするか正直悩むところです。まぁ、単純に好み=プレイスタイルの問題だとは思うけど、状況に応じてオートとマニュアルを使い分けていくといいのかも!?

グラフィックもきれいだし、なによりも、主人公のパチンコを放つオーバーなアクションが最高! 見事に我が輩のツボでした!!
プレイするまで全く期待してなかったので、それだけ反動もデカイけど、これは楽しい。
しばらく端末に残しておこうと思います。

Montezuma Puzzle

Montezuma Puzzleをやってみた。

暇つぶしには最高のパズルゲーム。
無料ゲーなので、仕方ないけど、ピースを置こうとした瞬間に、いやらしい場所に、いきなり広告が出現すんのね……。
まぁ、無料だから我慢しますけど。

サクッと遊べるので、暇つぶしには最高なので、気になった人は遊んでみてはいかがでしょうか。

AZT:テレポータ HD

AZT:テレポータ HDを買ってみた、そしてやってみた。

プレイヤーがテレポーターとなって人間をぶっ殺すアクションゲーム。
遊び方はいたってシンプルでテレポーターとして人間達を攻撃し、一定の数の人間を倒せればステージクリア。
※各ステージの最後にはボスも登場。

操作も簡単で人間のいる場所をタップするだけでキャラクターをテレポート移動、後は自動的に攻撃してくれるので特に操作で戸惑うこもないはず。ステージを進めていくことで、ゾンビを召喚できるようになったり、個性豊かなキャラ(仲間)を使用できるようになったり、各キャラクターをパワーアップさせることができるなどやり込み要素も満載。

というわけで、かなり楽しめている我が輩がいます!
が、ステージが進むにつれて難易度があがってきているので、はたしてこのまま無課金でいけるのか?
若干不安はあるところですが、はたしてどこまでいけるのか? 頑張ってみたいと思います。

コントラクトキラー:ゾンビ2

コントラクトキラー:ゾンビ2で遊んでみた。

バイオハザードちっくなゾンビゲーなんだけど、オープニングのムービーとかむちゃくちゃイイ感じ。
ゲームの容量が520Mも納得です。
操作性も良好、これが無料ってか……。
なんか凄い時代だよね。

まぁ、基本無料ゲームなので、課金前提の難易度になっているとの書き込みもありますが、
とりあえず、なかなかいい感じのゲームであることに違いはないので、まずはダウンロードして遊んでみて、そのあと課金をするか、しないか、の判断をしてみてはいかがでしょう?