RayForce

RayForceを買ってみた、そしてやってみた。

1994年にタイトーが制作・販売したアーケード用縦スクロールシューティングゲーム『RayForce (レイフォース)』。多数の敵をまとめて撃破できるロックオンレーザーが印象的なシューティングゲームだったなぁと記憶しています。

まぁ、昨今の弾幕ゲーブームの影響もあってタテ型シューティング=弾幕ゲーと思ってる人も多いとかと思いますが、この『RayForce (レイフォース)』は弾幕ゲーではなく、昔ながらの縦スクロールタイプのシューティングゲーム=敵の出現パターンなどを覚えて攻略するタイプです。

気になる移植度についてですが、我が輩もアーケードでガチでプレイしていたわけではないので、細かいところまではわかりませんが、おおむねイイ感じで移植できているのではないかと思われます。
自機の移動など、レスポンスは良好です!

ただ画面サイズが2パターンから選択できるんだけど、これどっちがいいんだろ……。(汗)
散々、悩んだあげくフルサイズにしたんですけど、自分の操作する指によって死角ができるのが致命的。まぁ、端末の特性上、この手のゲームの宿命ちゃ宿命なんですけどね……。

ゲームスタートするとSHOT MODEをAUTOにするかMANUALにするか聞いてくるのだが、多数の敵をまとめて撃破できるロックオンレーザーをウリにしているゲームなのに、AUTOって……。(汗)
※自機を素早く移動させるロックオンさせることに集中すれば、AUTOでもそれなりの数をまとめて撃破することは可能。

個人的には、もうちょっと自機の移動速度がクイックでもいいのにな……って思ったり、アタリ判定がちょっと厳しいなって感じたり、細かいことはいろいろあるけど、シューティングゲームとしての完成度はなかなか高いのではないでしょうか。

ただね……。
これ、コンテニュー無限なのね……。
ゾンビアタックでファーストプレイからクリアーしちゃったけど……。(汗)

暗黒の刃

暗黒の刃で遊んでみた。

おぉぉぉぉ!
久々に、期待できるRPG(オープンフィールド)の登場かも!?
アプリのゲームであえて例えるなら、ロフトさんのSacred Odyssey™ – Rise of AydenDark Quest 2に近いかな!?

リリースしたばかりということで、まだまだ序盤の序盤ですが、ゲーム内の世界観っていうか雰囲気は我が輩好み。ファーストプレイ、いやファーストタッチでこれは面白いかも!? と肌で感じるぐらいイイ感じ。
このところアプリのRPGが不作続きだったので期待度MAX!

魔法使い大好きの我が輩としては、戦士タイプのみの選択ってのがちょっと残念だったけど、盾&片手剣はもちろん、二刀流や両手剣タイプなど、スキルポイントを利用して自分にあった戦闘スタイルへキャラクターを育てていくことができるし、さらに装備の組み合わせも豊富らしいので、個性的なキャラ育成ができそうだ。
オンラインにも対応していることを考えると、オリジナリティー溢れるキャラクターが作れるってのは重要だよね。友人とスキルからキャラクターまで全て同じってのは嫌だしさ。(苦笑)
そう考えるとキャラクターデザインができればなおよかったんだけどねぇ。まぁMMOではないからこのへんは妥協しますか。(笑)

とまぁ、ここまで完璧なRPGの登場のような書き方ですが、実際は課題も山積み。

NPCの会話中など、ボタンをおしたときのレスポンスが悪かったり、文字化けなんかも目立つけど、このあたりはアップデートで対応してくれることを祈ります。

PS
敵との戦闘は若干、大味な気がした。斬りかかってボタンを連打してれば勝てちゃうし。
まぁ、このぐらいのほうがストレスがなくっていいのかもけど、もうちょっと調整してもらいたいッス。
それと、もうちょっと戦闘に重みがあるといいなぁ。敵を剣で切りつけたときなど、一発、一発に重みがないつーかさ。

taiko no tatsujin +

任天堂3DSの『太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ』を購入。なかなか面白かったので、そういえば、太鼓の達人って、アプリでも何種類かリリースされていたなぁと。
というわけで、taiko no tatsujin +で遊んでみた。

いわゆる音ゲーってやつですが、いまさらゲーム内容を説明するまでもないと思うので、省略(苦笑)
素直に、これ面白いです。
想像通り、タッチパネルとの相性も抜群!
自分はiPod touchでプレイしたけど、iPadでプレイしたら画面が大きい分、もっとイイ感じでプレイできると思われる。
無料で6曲プレイできるから、暇つぶしにももってこい!

ただ、実際にやり込んでいく=追加の曲が欲しくなってきたときのアドオン商法には少々疑問符が……。
人気パックが今現在、10個ほどリリースされてるんだけど、全て揃えたら6000円!
ちょっと高すぎね!?

PS
そういえば太鼓の達人ってセールしたことあるのかな? 1回ぐらいあったっけ!?
我が輩の記憶に全くないや。

ORC: Vengeance

App Store内のスクリーンショットを見て一目ぼれ!
人柱覚悟でORC: Vengeanceを買ってみた、そしてやってみた。

こ、これは、ディ、ディアブロ3じゃないかー! これが我が輩のファーストインプレッション。

やっべぇ、こういうの待ってたよ。
美しいグラフィックに世界観、まさに我が輩好み!!

操作も非常にシンプルで行きたい方向をタップするだけ。
えっ? 移動速度が遅いって!?
そのまま画面をタッチしつづけてみなさい、走り出すからさ。

攻撃は敵キャラクターをタップすると自動的に攻撃し続けてくれるんだけど、スキル発動がイイ感じ!
序盤はダブルタップでシールドバッシュ、スワイプで回転切り(技名は適当)を発動できる。
この直感的な操作もイイねぇ。
操作性もいまんとこ文句なし!
もちろんサウンドもばっちり!

これアプリ落ちやフリーズがなければ、間違いなく神ゲー化しそう!
価格も250円! アプリ内課金なし!
これは、ストレートレビューをしないわけにはいかないかも!?

PS
ダウンロードしたばかりなので、まだ序盤も序盤、ACT1 Chapter2をプレイ中。
というわけで、あくまでもファーストタッチの感想なので、今後どう変化するかはわかりませんのであしからず。

Virus Strike

Virus Strikeは、ラインドロー+ティルト操作でウィルスを消していく新感覚のパズルゲーム。

何が新感覚って、ルールがちょっとめんどくさい。

ウィルスと同じカラーの薬をくつっつけないと消すことができない。例えば、赤の薬がでたのに、緑のウイルスに接触するとせっかくの薬が緑のウィルスとなって増えてしまう。

えっ? 何言ってるのかわからないって?
でしょうね。もうね、この場で説明するのも面倒なので、ググって調べるなり、人柱となってプレイしてみるなり、してみてください(爆)

Ice Wings: Skies of Steel

Ice Wings: Skies of Steelで遊んでみた。

普通のタテスクロールタイプのシューティングゲームかと思いきや、
いい意味で裏切られたッス。

チルトコントロールや、画面をスライドさせて実機を移動させるなど、複数ある操作方法の中から自分の好みの設定を選択できるので、まずはどの設定が自分のプレイスタイルに適しているのか? これを探り出すことからスタート。
※最終的に我が輩はチルトコントロールを選択

フィールドには、ときどき障害物が出現するんだけど、これを避けるために機体を上昇させる必要があるんだけど、これがなかなかの曲者! 避けたつもりが避けれなかったり、イラッとすることもしばしば。
でも、なぜか直ぐにリトライしてしまう我が輩がいます。
まぁ、不覚にもハマったということでしょうか。(苦笑)

Hockey Fight Pro

Hockey Fight Proをやってみた。

アイスホッケーのゲームかと思いきや、プレイしてみたらアイスホッケーの選手が殴りあう格闘ゲームで驚いた。(苦笑)

なぜアイスホッケーの選手で格ゲーwww
と、コンセプトは理解できないけれど、まぁ、パンチや蹴りを当てたときの重量感はなかなかのもの。

操作方法は左右で殴るボタンと防御のボタンを状況に合わせてタップしていくというものなんだけど、コンボなどもできるらしい?

勝利することで得られるポイントで育成が可能らしいのだが、なんか一人、ぶっ倒すのにも、けっこう時間がかかるので、一人倒したところでおなか一杯になっちゃったよwww

うーん、他のゲームもプレイしなきゃいけないし、残念ながら我が輩の好みに合わないゲームだったのでドラスティックに強制終了と……。(爆)

ロックマンX

85円セール中だったので、ロックマンXを買ってみた、そしてやってみた。

ロックマンはファミコン版(3が最後、もちろんクリアーしましたぜ)をプレイしたのが最後なんだけど、個人的には大好きなタイトルの一つ。

で、その感想ですが、なかなかイイ感じじゃね?
ごくたまーに、バーチャルパッドの操作感でイラつくこともあるけど、まぁ許容範囲っしょ。
※難易度がハードだとさすがに厳しいかもね……。

画面サイズは個人的には全画面表示がよかったかなぁ。
オート連射をONにすると、難易度が下がるのでオススメです。

あっ、そうそう。
オートセーブかと思ったら、手動でセーブなのね、これ……。
マジか……。(涙)

というわけで、最初からやりなおし……。
シグマパレス1までクリアーしてたのに……。

皆さん、ステージクリアーしたらスグにセーブ!
これだけは忘れないようご注意ください。

Air Mail™

Air Mail™を買ってみた、そしてやってみた。

ジャンルはフライトアクションゲームなんだけど、紅のブタを彷彿させる世界観が印象的! 超美麗なオープニングのムービーは必見です!!

制限時間内に輪をくぐったり、様々なミッションを綺麗な街並みや島の風景を見下ろしながらこなしていくんだけど、空を自由に飛び回っていると、ついつい目的(ミッション)があることを忘れてしまいます。

これはいい!
ちょっと変わったゲームをプレイしたい。そんあ人にオススメッス。

PS
iPod touchのためか、TILTかTOUCHの操作方法しか選択できなかったんだけど(ADVANCEDは選択不可)、個人的にはTOUCHのがやりやすかったです。

Virus Laboratory

Virus Laboratoryで遊んでみた。

同じ色が3つ以上繋がっているウィルスをタップして片っ端から消していくだけのシンプルなマッチパズルゲーム。
※時間ごとに下からウィルスがたまっていき、1番上までウィルスで埋まってしまうとゲームオーバー。

まぁ、誰でも気軽にプレイできるのが魅力!

逆にいえば、ただそれだけが魅力のゲームです。(苦笑)